アイデア商品販売
発明商品紹介
介護用品特集
発明ふぁいるトップ
No.0256

 

背屈くんU

リハビリ用 尖足の拘縮予防器具

 

家族ができるリハビリ! 自分でできるリハビリ!

尖足(せんそく)・拘縮(こうしゅく) の予防に

つまずき転倒予防に 自分でできる底背屈測定


寝たきり状態が長い方への家族で行うリハビリ器。

寝たきりが長期になり足首が尖足したまま固まってしまうのを防ぎます。

本人が床上に座れ上半身健常の方は自身で行い、寝たままの方は家族で行なうリハビリ器。

関節の拘縮予防と同時に、足関節底背屈反復運動のミルキングアクションで下肢深部静脈血流速度を増加して深部静脈血栓症の予防も行なえます。

つまずきやすい方の足首上げ角度を自分でチェック。

現在、北里大学 老健 転倒予防医学研究所などで使用されています。

 

本器「背屈くんU」の開発コンセプト。
足関節の背屈可動域測定と一体の動的な背屈角度拡大器。(訓練と測定が同時にできます)
(従来、足関節角度の測定は専門の技術者が必要で、被験者自身で簡単にできる足関節の背屈角度測定器はありませんでした。)

尖足の拘縮予防や高齢者の立ち上がり、階段昇降、歩行動作の安定、つまずき転倒予防に必要な足首の背屈機能訓練をパートナー及びセルフ運動で行います。又、可動域の測定も他動域角度、自力動域角度で行えます。

本器は、床上で座位や寝たままで、テコ作用により軽い力で足関節の底背屈を動的に行えます
軽量なので長期寝たままの方へ尖足の拘縮予防や深部静脈血栓症の予防にご家族でリハビリできます。
(スベリやすい床面でセルフストレッチを行うときは、本器具の前部を椅子などの足部に当てストッパーにします。)

 

 

健康な方の足では自力角度の目安として、ほぼ背屈20度・底屈45度です。

リハビリテーションにおいて機能訓練の効果を評価するために可動域の測定数値が必要になります。
リハビリ専門医では可動域を測定したり、その結果により背屈訓練を受けることがあります。

背屈くんUは測定結果をご家庭で数値確認ができるだけでなく、可動域を維持または広げるための背屈訓練を家庭で本人自ら、または家族によって行えるようにしました。

可動域を測定するときは、脛骨が基準線になりますので本器のベース板に脛骨が水平平行になる様にタオルなどを敷いて高さ調節し足底部を傾斜移動板にワンタッチバンドで強めに締めます。

患者自身も測定値を確認できることで訓練のモチベーションを高める効果があります。
本運動の二次的効果として、足関節底背屈のパートナー反復運動を寝た姿勢で行うと下肢静脈血流速度を増加して深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)の予防効果があります

高齢女性のつまずきやすい方を計らせて頂いたところ、背屈角度が一桁代なのに底屈が充分だと、足首は柔軟だと思っているようでしたが、西洋人に比べて日本の高齢女性がつまずき転倒しやすいのは、子供の時、足音をたてない躾と正座の習慣が要因になっているのかもしれません。
つまずき → 骨折 → 寝たきり
この悪循環に陥らないためにも、介護予防の運動が大切です。

 

(深部静脈血栓症予防に対する足関節底背屈運動の有効性の検討より一部抜粋)

 

背屈くんU

小売価格 (税込み)4,500円 
代引き便 離島を除く送料無料

仕様
保管時サイズ  高11cm×幅13cm×長43cm
重さ1.2kg
耐荷重100kg 足長28cm ふくらはぎ周囲42cm

 

商品情報

商品名

背屈くんU

サイズ

保管時サイズ  高11cm×幅13cm×長43cm 重さ1.2kg

特定商取引に
関する表記

販売業者

タイコン製作所

責任者

渕上恵資

所在地

〒242-0029 神奈川県大和市上草柳5-1-2

連絡先

Tel/FAX:046-264-8204

E-Mail

クリックするとメールを表示

商品代金

本体価格:\4,500-  消費税込み、送料込み

お支払方法

代金引き換え

お引き渡し時期

ご注文の確認から3日以内に発送いたします

返品送料

お客様のご都合による返品は返品に掛かる送料はお客様負担になります
初期不良品は着払い返品後良と交換 もしくはご希望により代金返還

返品期限

商品到着日より8日以内にメールまたは電話等でご連絡ください

顧客情報

お客さまからお預かりした願客情報は商品の発送以外には一切使用いたしません

その他

商品について その他わかりにくい点はお気軽にお問合せください

 

ご注文に関して

郵便番号、ご住所、お名前、お電話番号、E−Mail, ご注文の商品名、個数をFAXでご連絡ください

 

このページTOPへ